JSTC

第23回理論化学討論会のご案内

webページが開設されました
会期 2020年5月14日(木)-16日(土)
会場 石垣市民会館

理論化学会キックオフ シンポジウム・記念パーティー

       

理論化学会 会員各位

理論化学会は、本年6月に前身の同研究会から正式に学会として昇格し、より活発に学会活動を始めることとなりました。それを記念し、令和2年3月21日にキックオフシンポジウムを開催し、他の関連学会の方々をお招きして理論化学の将来像や他学会との関連について議論を重ねたいと考えております。

会員の皆様におかれましては、ご参加頂けますよう何卒よろしくお願い申し上げます。また、シンポジウムの後、記念パーティーを開催します。併せてご参加下さい。

理論化学会キックオフ シンポジウム
日時令和 2年3月21日(土) 13時 − 17時
会場 小野記念講堂(早稲田大学構内、東京メトロ早稲田駅より徒歩4分)
理論化学会キックオフ 記念パーティー
日時令和 2年3月21日(土) 17時半 − 20時
会場 リーガロイヤルホテル東京(小野記念講堂より徒歩6分)
会費 7000円(一般)、5000円(学生)(当日、シンポジウム・記念パーティー会場で徴収します)
参加登録が必要です。 リンク先(Google form)から登録をお済ませ下さい。
理論化学会 会長 中井浩巳
(代理)中野雅由・重田育照
主催:理論化学会・早稲田大学理工学術院総合研究所
後援:筑波大学計算科学研究センター
 

理論化学会奨励賞公募のお知らせ

理論化学会では、2020年度より優秀な若手研究者を顕彰する賞(「理論化学会奨励賞」)を設立します。詳細はこちらをご覧下さい。

共催事業

The 5th conference of Theory and Applications of Computational Chemistry (TACC)
2020年9月7日(月)~12日(土)

協賛事業

MANA International Symposium 2020 jointly with ICYS-New Trends in Materials Nanoarchitectonics-【中止】
2020年3月1日(日)~3日(火)

IQCE 量子化学探索講演会2020「量子化学で探る化学の最先端」
2020年5月8日(金)

The 8th Japan-Czech-Slovakia Symposium on Theoretical Chemistry (JCS8)
2020年7月6日(月)~10日(金)

The 5th conference of Theory and Applications of Computational Chemistry (TACC)
2020年9月7日(月)~12日(土)

入会のご案内

旧理論化学研究会会員の方も改めて登録が必要です。入会の手続きはこちらです。

理論化学会が発足しました

ごあいさつ

皆様

令和元年6月14日
理論化学会
会長 中井 浩巳

令和元年(2019年)6月1日、理論化学研究会を発展させる形で理論化学会が発足しました。

第1回幹事会において、私が会長に選出されました。そして、今回の学会化に向けた検討を一緒に行ってきたメンバーの中から、長岡正隆氏(名古屋大学)、中野雅由氏(大阪大学)、佐藤啓文氏(京都大学)の3名を、副会長として指名させていただき、同幹事会において承認されました。

この新しい理論化学会は、50年-100年先の学問としての理論化学の将来を考え、分野の次の展開を主導する機能をもたせることを基本方針として、発足しました。また、様々な活動を通して、周辺分野に対する理論化学分野のプレゼンスを高めることも目指します。

これまで20年以上にわたって回を重ねてきた理論化学討論会は、理論化学会においても最も重要な活動の一つと位置付けて、さらなる充実を図ってまいります。討論会における優秀講演賞と(最)優秀ポスター賞を継続するとともに、新たな顕彰制度も導入する予定です。

会員に対する情報を発信する手段として、ホームページやメーリングリストに加えて、新たに会誌を発刊いたします。厳密には、本年1月より理論化学研究会の会誌としてスタートした『フロンティア』を、理論化学会誌とし、季刊(年4回発刊)を目指します。

理論化学研究会の活動において、産学連携は課題でした。産・官・学にとってどのような形の連携が真に望ましいのか、時代とともにも変化するこの命題を、産業界からの幹事とともに検討し、実際の活動につなげていきたいと考えています。

その他、啓発事業、学協会連携、国際連携、広報活動など、様々な活動を検討しております。これらの活動に対して良いアイデアをお持ちの方には、積極的に企画の段階からご参画いただきたく存じます。

このように理論化学会は産声を上げたばかりで、取り組むべき課題は山積です。当面は、日本学術会議協力学術団体としての認定を視野に入れて、組織の整備などを行ってまいります。

もう一つ、理論化学会にとって重要な事項が財政基盤です。学会は、営利活動を目的といたしません。そのため、さまざまな活動を実施する上での活動資金の多くは、会員の皆様から会費という形でご支援いただく必要がございます。会費を徴収するにあたって、これまで以上に会計業務をしっかりと行ってまいります。幹事会とは独立した形で監査を置きます。そして、立川仁典氏(横浜市立大学)、吉澤一成氏(九州大学)に監査をお願いすることとなりました。何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

最後に。令和元年に発足した理論化学会という組織が、今後の活動を通して皆様からの信頼を得ることができ、そして、皆様の心の拠り所のような存在になることができれば、この上ない喜びであります。

理論化学研究会総会ならびに理論化学会第一回幹事会の報告

各位

2019年6月14日
旧 理論化学研究会世話人会 代表
北海道大学触媒科学研究所
長谷川 淳也

去る5月28日に理論化学研究会総会が開催されました。理論化学研究会の学会化について、理論化学会設立準備委員会が説明を行いました。研究会の会則を基にした学会の会則、会誌「フロンティア」の出版状況、年会費見込み額などについて説明を行い、会員の皆さまから御承認を頂き、学会への移行をお認め頂きました。続いて、理論化学会幹事候補者の信任について、会場で可否投票を行いました。大多数の信任を頂き、幹事就任をお認め頂きました。

6月1日の理論化学会発足後に第1回理論化学会幹事会を開催しました。会則に基づき、互選により幹事の中から、中井浩巳氏(早稲田大学)が理論化学会・会長に選ばれました。副会長には、佐藤啓文氏(京都大学)、長岡正隆氏(名古屋大学)、中野雅由氏(大阪大学)の3名が会長の指名を受け、承認されました。監査には、立川仁典氏(横浜市立大学)、吉澤一成氏(九州大学)の2名が承認されました。添付にて、理論化学会の役員名簿をお届けします。

以上、簡単ではございますが御報告申し上げます。これまでに理論化学研究会へ賜りましたご協力に感謝申し上げますと共に、理論化学会へもご理解とご支援を賜りますことを心からお願い申し上げます。

更新情報・お知らせ

2019/06/24
ウェブページ開設

↑ PAGE TOP